投資の軸となる方法を身につけてからトレードを進めるのが無難

上下に動きやすい相場で頻繁に株の投資をするよりもわかりやすい上昇局面のみエントリーした方が勝率が高くなります。上に行くか下落するかはっきりしなければエントリーを控えるスキルを身に付けるべきです。そうすれば失敗の確率が高い無駄な投資が自ずと減るのでプラス収支を達成できます。株の売買には高度な技能が必要と思われがちですが直感の方が大事です。直感を磨けばテクニカルの知識が少ない素人でも勝負になります。上級者向けに考案された理解することが難しい理論のテクニカルを知っているからといって投資家として大成功できるわけではないです。多くの種類のテクニカルの正しい使用方法を本を参考にして必死に覚えようと努力するよりも初心者でもすぐに使えそうなテクニカルを知っておくだけで十分です。例えば経験があまりない一般的な投資家でも取り組みやすい投資術としては、ボリンジャーバンドを使って値動きを予測する方法が有名です。順張りと逆張りの両方に使えるテクニカルを最初に覚えると役立つことが多いのでボリンジャーバンドの基本を知っておいて損はないです。1つのテクニカルだけでは不安な人が他の手法を使いたければ情報商材や本を買って研究しないといけないです。デイトレをしている投資家の心理を考えることで適切な短期投資ができるようになります。チャートの研究を本格的にするためには難しい用語や複雑な理論を分かることが必須です。
理解力があればテクニカルの本に書かれているノウハウを短時間で頭の中に入れることができます。しかし、読解力があまりない人がノウハウを完璧に理解するためにはある程度時間がかかるものです。株で失敗しないでしっかり稼げている成功者は数冊の専門書を何度も読んでいるケースが多いです。自分の能力でも分かるちょうどいい内容の本を選ぶことが最善です。株に関する本や情報商材を10冊以上読破できれば中級者以上のレベルの賢い投資家になれる可能性が高いです。まとまった資金が必要になる株を始める前には基本書だけでもいいので購入しておいた方が安心です。ただ、基本さえ分かっている状態ならば何とかなると思うのは危険です。勘だけで多くの投資金を使ってしまって後悔するのが嫌ならば最初は少ない投資金だけで試すようにするといいです。自信が付いてから徐々に投資金の額を上げて大儲けを狙いにいくのが正しい株の投資の進め方です。初心者は大損しないための投資の軸となる方法を常に使うことが無難です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です